愛知県立新城東高等学校                 since  2005.9.15 

   高校の学校生活を知るためのuestions&Answers

  全  般
Q1  「新東」は一口で言うとどんな学校ですか?
A1  教育目標である「高い品性、深い知性と広い視野、豊かな心」を達成するために、「自ら考え、自ら律し、自ら行い、己の途を拓く」を校訓として、生徒一人ひとりの個性を伸ばす、活力ある学校です。
Q2  「新東」で誇れるものは、どんなことですか。
A2  生徒一人ひとりの「自立」をめざす多彩な教育活動(雁峰祭・自主学習会・予餞会等)と充実した教科指導があげられます。また、独立した野球場、400mトラック、6面のテニスコートを備えた、県立学校でも有数の広さを誇る広い敷地、恵まれた自然の景観、緑の学園と呼べる管理の行き届いた樹木・芝生、そしてすぐれた体育施設があります。そして、普通教室全教室に冷暖房の空調設備を備えています。
Q3  中学校と大きく違うところは、何ですか。
A3  授業に多く欠席をしたり、一定以上の成績をとらなければ、進級や卒業ができなくなります。また、2年生からは、進路希望によってクラスが編成されます。
Q4  学校の歴史や特色を教えてください?
A4  本校は昭和47年、新城高校から普通科のみ分離独立しました。地域の熱い期待をうけ、明るく活力に満ちた学校は、大学合格率の高さ、部活動での好成績、さらには真面目な学習態度によって裏付けられています。教職員も経験豊かで意欲的であり、生徒のやる気との相乗作用で実績をあげています。
Q5  校則はありますか?
A5  高校にも守らなければならないルール(校則)があります。基本的には生徒への信頼の上に、自主性が大きく大きく尊重されています。
Q6  購買はありますか?
A6  同窓会が運営しています。昼食用の弁当、パン、牛乳、ジュース類、また学習に必要な文房具等を販売しています。パン類は昼休みと放課後のみで、弁当は、原則として注文制です。[シャケ弁当、コロッケ弁当、助六弁当、サラダ弁当、カレーライス、オムライス、カルビ丼、牛丼、カツ丼、(夏季は更におにぎりうどん、すしうどん)など]どれも400円程度です。
Q7  高校生活を充実させるために心掛けることは何ですか?
A7  高校3年間を充実した期間とするためには、次の点に留意するとよいでしょう。
(1)授業に真剣に取り組み、家庭学習時間を増やし、予習・復習をしっかり行いましょう。また、宿題などの与えられた課題を確実に期限までに提出しましょう。なんと言っても勉強が高校生活の基本です。
(2)生徒会、部活動、学校行事等に積極的に参加し、新しい見方・考え方を積極的に取り入れ、自分を絶えず成長させようとする努力をしましょう。
(3)高校を卒業すれば、もう大人です。たくさんの本を読み、社会に目を向け自分自身の進路の目標をみつけ、その実現のための努力を着実に積み重ねましょう。
   学習について
Q8  始業・終業や、授業時間について教えてください。
A8  本校のホ-ムペ-ジの「学校生活→新東の生活」を見てください。 
Q9  1年生ではどんな科目を勉強しますか?
A9  本校のホ-ムペ-ジの「教育内容→教育課程」を見てください。
Q10  授業のスピードについていけるかどうか心配ですが?
A10  1年生の4月から5月中旬までは、中学校との橋渡しの意味で比較的ゆっくりと丁寧に進みますが、6月頃からは高校ペースとなり、学習進度も速くなります。これについていくためには毎日の予習・復習を励行することです。
Q11
 予習・復習は何をどのくらいやればいいのですか?
A11  家庭学習時間は、一般的には学年の数字+2時間が目安です。1年生は3時間、2年生は4時間、3年生は5時間ですが、3年生ではほとんどの人が6時間以上勉強しています。学習の基本は、毎日の授業に真剣に取り組むことです。家庭では、時間を決めて計画を立て、予習・復習をしっかり行い、授業や学習会で積極的に質問できるようにしましょう。定期考査前に質問をまとめて受ける時間を設ける教科もあります。入学後、各教科のノートの取り方や勉強の仕方などのアドバイスがあります。
Q12  テストは年間何回ありますか?
A12  ①定期考査が1学期と2学期にそれぞれ2回3学期に1回計5回。課題テストが4月と9月と1月に計3回、さらに小テストが多くの教科で適宜行われています。
 ②校外模擬試験は1年生が3回、2年生が4回、3年生は進路に応じて10回程度受験します。校外模試は、進学校としてのきめ細かな指導を行うための資料として活用しますので、なるべく多くのデータが必要になります。
Q13  クラス分けはどうなっていますか?
A13  1年生は、芸術選択(音楽、美術)でクラスが分かれます。
 2年生からは、進路希望に応じた類型でクラス編成されます。文類型と理類型に、3年生では、さらに文類型が文Ⅰ(国公立文系)と文Ⅱ(私立文系)に分かれます。類型選択のためには、高校卒業後の進路希望により大学の学部・学科を研究し、その受験科目や入学後の履修科目を調べなければなりません。
 詳しくは、本校のホ-ムペ-ジの「教育内容→教育課程」を見てください。
Q14  普通科からでも就職はできますか?
A14  就職する卒業生は、例年2~3名です。普通科高校には一般企業からの求人が多くはありません。就職した者はほとんど公務員です。また一般企業に就職が内定すると、それが優先しますので、進学と兼ねることはできません。公務員は進学と兼ねることができます。
 進学に関しては、本校のホ-ムペ-ジの「進路指導→進路状況」を見てください。
Q15  「補習」って何ですか?
A15  進学のための学力をつけるための、希望制の特別な授業のことで、平常補習と土曜補習があります。
 平常補習は、通常1・2年生が始業前に、3年生は主に授業後に行われます。土曜補習は、定期考査対策や模試対策として土曜日に実施されます。また夏休み中には、1・2年生は10日間程度、3年は30日間程度あります。その他に3年生は自主学習会が行われます。詳しくは、本校のホームページの「進路指導→授業外学習指導」を見てください。
 なお、補習とは別に、3年生の希望者には小論文や音楽、美術、体育の実技指導があります。
Q16  大学入試のための受験勉強はいつからやったらいいですか?
A16  大学入試の学力の基礎は高校1・2年生の学習にあります。大学入試センター試験の問題のほとんどは、1・2年生の教科書から出題されます。受験勉強という意識ではなく、授業を中心として、各種補習や自主学習会に積極的に参加し、自ら進んで勉強に取り組むことが進路希望達成の秘訣です。



PDFの表示・閲覧・印刷にはAdobe©Readerが必要です。  ***無断転用・転載は堅くお断りします。***   © 新城東高等学校 Copyright All rights reserved since 2005